「リコチケ」オプションシステムについて

昨日プレスリリースされました「リコチケ」はおかげさまで多くの報道各社に取り上げていただきました。

<PR TIMESプレスリリースランキング>
今話題:9位
今日:6位
ページビュー:1967
<Facebook会社ページでの報告記事>
リーチ:873

現在もカウントは伸び続けており「チケット転売問題」の注目度の高さがわかります。

すでに多くの方から様々なSNS上でご意見があり感謝申し上げます。

「リコチケ」はまず高額転売の原因となっているいくつかの要素を解決しオークションサイトへの出品を強く抑止する目的で仕組みを考案しました。

なので、ある意味転売そのものを否定する仕組みのように捉えられると思います。

実は「リコチケ」にはオプションシステムが用意されてます、チケットを安全に譲渡できるマッチングオークションサイトです。
なぜオークションなの?と思われるかもしれません、これには理由があります。弊社は「高額転売・不正転売」を防止したいのであって「マーケットに有益な転売」はむしろあるべきだと考えております。それは、出演者やイベンターに利益を生む転売であることを指します。

転売を強く抑制する「リコチケ」そのものを出品転売できる仕組みではなく、「リコチケ」の所有権を上書きできるカード「OverwriteCard」のみを出品できる公式のマッチングオークションサイトです。このカードは「リコチケ」と共に届きますが、通常時は凍結状態{※使用できない状態}となっており、公式サイトで出品され落札された後解凍されます。

つまりこのカードは入場チケット本体ではなく一般のオークションサイトで売買されても使えないカードということになります。

オークションには著作権のひとつといわれる追及権(英:resale right)を採用し、出演者や興行主と合意の範囲で転売価格の上限を設定し、出品者の転売利益の一部をアーティスト等に還元する仕組みとなります、もちろん「OverwriteCard」の採用は興行主の任意となり、あくまでもオプションとして用意したものです。

弊社はこのような様々な仕組みを考案し、より市場に優しい利便性の高いサービスを発表してまいります。